« たばこ屋 | トップページ | 続 ウエストン人形 »

2008年7月30日 (水)

酒屋さん 不定期連載 その1

私(坂本)が生まれ育ったのは東京都文京区駒込千駄木町というところで、いまや谷中とならんで東京の古い家並みが残る名所と化しました。

木造の古い家が並んでいる高級住宅街どころか、ろくに庭もない貧しくも近所づきあいの良い所で遊び呆けていた訳です。

生家の隣はパーマ屋、反対隣はマッチ屋(ご存知ですか?)、このほか町内には鰻や、パンや、お菓子や、ガラスや、自転車やなどありとあらゆるお店屋さんがありました。
もちろん酒屋さんも。

どこも二、三間(3.6m~5.4mくらい)間口の小さなお店がほとんどでした。

つまりこんな感じです。
Masukou1
もちろん今に残っている酒屋さんの写真ですが、当時の雰囲気を色濃く残しています。

Maskou2
反対側には立派な雨戸用の戸袋があります。

この酒屋さん80年以上も続く老舗で建物も当時から大きな改修はされておらず、セピア色のストラクチャーとして最高なのです!

また、現在のご主人はまだ小中学生の頃、弊店のお得意様(スーパーカー少年)でした。もちろんいずれは弊店で「酒屋さん」を発売する時には店名まで使わせていただく「許諾済み」であります。

To be continued. 


« たばこ屋 | トップページ | 続 ウエストン人形 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/161003/22635189

この記事へのトラックバック一覧です: 酒屋さん 不定期連載 その1:

« たばこ屋 | トップページ | 続 ウエストン人形 »