« 完成樹木 | トップページ | たばこ屋 »

2008年7月25日 (金)

草原の素材

草や木の素材といえばウッドッランド・シーニックが定番であり最高でしたが最近ではミニネイチャーも出てきて選択肢が増えました。

草木というより草花というと、最近めざましいのがブッシュです。
素晴らしい「ひまわり」や各種畑など、数が多くて手を付ける気にもなれなかった分野が比較的身近になりました。

私自身、以前は麻縄をほぐして作っていた背の高い草類もさらに繊細なミニネイチャーが出てきて助かりました。
ただブッシュには昔からのイメージでどうも出来がよくないのでは、という先入観があり、取り寄せを躊躇していましたが、今回取り寄せてみてビックリ!
Busch1308
イヤー良く出来ていますね。
写真の製品は森と草原の境界線(品番1308)といったような意味の製品ですが、A4 (297 X 210mm)サイズで税込価格 7,938円です。

Busch1308_2
同じ製品のアップ写真です。
もうすでにマットになっているので、これを敷きこんだだけでアッという間に写真の草原が誕生する訳です。

Busch1306
こちらは「初夏」というタイトルの品番1306の製品で、2色使いのため、上の品番1308より1安く、6,615円です。
これ以外にヒースランド(品番1309、7,938円)、夏の草(品番1303、4,546円)も入荷しています。
大きさはいずれもA4サイズで一応ノンスケールのようですが、HOサイズあたりが最適と思われます。


« 完成樹木 | トップページ | たばこ屋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/161003/22534101

この記事へのトラックバック一覧です: 草原の素材:

« 完成樹木 | トップページ | たばこ屋 »