« 1/87scale 新製品 | トップページ | 完成樹木 »

2008年7月19日 (土)

ウエストン人形

5月にギャラリーを開店してから私(坂本)はずっと店頭にいます。
というか、新しい店のスタッフはわずか一人、しかも女性なので事実上の店員は私一人しかいない、というのが正しいのです。

ここ10年以上、模型も作らず、店頭にも立たず、もっぱら経営面しかタッチしていなかったので模型店の店員としてはまるで「浦島太郎」状態です。

新しい店に置こうかと引っ張り出してきたものは、最近作!といっても15年以上も前に作ったものだし、それ以前に作りためたストラクチャーなども、ポツリポツリと販売してしまって手元に残っているのは半完成や、ろくでもないものばかり。

その中で飾ろうかと小さなシーンのホコリをはたいたものの、植わっている樹木はウッドランドのフォーリッジもみすぼらしく落葉(?)してしまっているし、ホワイトメタルの枝も折れたり曲がったり、保管状況が悪いですね・・・・。

でも、じっと眺めていると作った当時のことが思い出されました。
そうだ、ここにウエストンのホーボー(浮浪者)を置くんだった。

ウエストン/キャンベルの人形といえば古くからの鉄道フアンになくてはならないアイテム。
しかし、ホワイトメタルにハンドペイントという生産方法が今の時代に合うわけもなく、とうの昔に絶版になってしまっています。

もしかして、どこかにしまい込んでいないかなー、と探してみましたがそんな都合よく出てくる訳がありませんでした。

しかし、持つべきは古くからのお客様(!)。
店頭でそんな話をチョコッとしたら「あっ 僕持っていますよ。」

一週間ほどしてなんとわざわざ持ってきてくれました。
Aさん、本当にありがとうございます。

早速、シャドーを入れたり、全体のツヤもおとしたりと手を入れたのが下の写真です。
Weston2
う~ん、やっぱりウェストン人形はいいなー。
もちろんHOスケールですが、わずかに大きくて日本型かな??と思うほどですが、暖か味があり、私はこの人形を見るとなぜかチャップリンを思い出してしまうのであります。


« 1/87scale 新製品 | トップページ | 完成樹木 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/161003/22403992

この記事へのトラックバック一覧です: ウエストン人形:

« 1/87scale 新製品 | トップページ | 完成樹木 »