« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月30日 (土)

豪雨おみまい

このところ日本全国レベルでゲリラ集中豪雨が各地を襲っています。

「さかつう」は坂本通販の略で30数年前まだ通信販売が信用も何もない、いかがわしい商売くらいに見られていたときにスタートしました。

ですから、日本全国にお客様がいらっしゃいます。

旅をしても「この辺は誰々さんのご住所の近くだ。」などとお名前と、好みが自然と浮かんできます。
もっとも、ここ10年、私は通信販売からも店頭からも離れてしまったので、新しいお客様は申し訳ありませんがほとんどわからず、もっぱら古くからのお客様に限られてしまいますが。

これは、TVや新聞のニュースを見ていても同様で、ついつい記憶に残っている地名だと目がいき心配してしまいます。

集中豪雨の話に戻せば、今回は首都圏にもかなりの被害がでていますが人命が失われるなどの大きな被害は河川が整備されていないと思われる地域からの知らせが多いようです。

このブログをご覧いただいていらっしゃる方々は大丈夫なのでしょうが、皆様のご無事をお祈りしています。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月26日 (火)

「金看板」のつづき

昨日「金看板はもうご覧いただけません。」と書きましたが、早速昨晩製作者の山川さんがおみえになりました。

「ダメですよ! お店で見られないなんて書いちゃ!!」

「す、スミマセン」

「ハイ、もう一個作ってあったので持ってきました。」

「・・・・・・・!」

という訳で本日から「さかつうギャラリー」店頭で酒屋さんの金看板をご覧いただけます。

Masukouandip
愛用のiPhoneの前でパチリ。
このiPhoneを使い始めて一ヶ月以上たちましたが今まで使っていたX01HTよりはるかに使いやすくとても気にっています。
ちなみに、壁紙は「さかつう」の看板ともなっているリトルジャマーのお立ち台、その夜景です。

それにしても何であんなに山川さんにペコペコ謝らなければならないんでしょう?

まっいいか。
頭を下げてでも「金看板」を手にしてしまえばコッチのもの。
時間が経つ内に所有権がうやむやになり、やがては「さかつう」のものに・・・・・・。

話は変わって昨晩はもう一つ嬉しい出来事がありました。

人形の原型をご持参いただいた方がご来店。

詳しくはもう少し煮詰まってからご披露いたしますが、とりあえずこの原型は中国へ送って工場の技量を推し量ってみようと思います。
楽しみがまた一つ増えました。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月25日 (月)

オリンピックと金看板

とうとうオリンピックも昨日で終わりました。

スポーツ音痴で普段はTVもあまり見ない私ですが、オリンピック中は平均で一日2時間程度は見てしまったでしょうか。
最初の感動は水泳の北島選手でしたね。
時折、ユニフォーム左胸の日本国旗を右手でギュッとにぎりしめる真剣な表情と、中央の表彰台に立ち国旗掲揚と同時に流される「君が代」にあわせて小さく口を開いていました。

ソフトボールでも「金」メダルでした。
こちらも「君が代」にあわせて歌っている選手がいました。

別に国粋主義者のつもりはありませんが、やっぱり「一つの旗の下」という大義名分がないと大勢の人間がたとえ一瞬でも喜びも悲しみも共有するというのは難しいしだろうなと感じたし、ジーンと胸に迫るものがありました。

そこへ「金看板」がどう結びつくんだ?

う~ん、するどい突っ込みですね(そうでもないか)。
要は、いずれも看板をしょっている・・・・という訳でして。
ウウ、苦しい。

本題は、先日から当ブログ不定期連載の酒屋さんシリーズの一環として「金看板」が出来ましたのでご披露という訳です。
Maskouad
どうです!これでHOサイズです。なかなかいいでしょ?

何て、自慢しても私が作った訳ではありません。
模型界の縁の下の力持ちクラシック ストーリの山川さんがレーザーカッターを駆使して作ってきてくれました。ありがとうございます。

それにしても今様に言えば「しぶい」ですね。

「さかつう」店頭でご覧ください。
と言いたいところですが、すでに手元にはありません。
気前よく酒屋さんにあげてしまいました。

先のエントリーでご紹介したようにこの店の現ご主人はスーパーカー少年だった頃「さかつう」の常連さんで、大人になってからもしばらくは北区の方にあった弊社の支店「ホビーランド」のお客様でした。
ですから、この「金看板」は喜んでいただけるだろうと(実は模型化に対するワイロでもある訳ですが) 持参した訳です。
もちろん、大喜びしていただけました。

私はと言えばこのチャンスを逃すまじ、とばかり「昔の写真ありますかね。」「図面も・・・」と矢継ぎ早にリクエスト。

大正時代に建ったお店の「図面」なんて無理難題をふっかけるヤクザなみのずうずうしさ。
これがなければ難問山積みの「ジオラマや」なんて出来ませんって。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月16日 (土)

郵便局の看板

この下のエントリーで「駅前通郵便局」のキットをご紹介しました。
今時この値段! と思えるリーズナブルな価格設定が魅力です。

そのなかでも書いたように弊店への入荷は24日になるようなので現物をまだ見られないのが残念です。
仕方がないので、Msコレクションから送られてきたリーフレットの写真をよ~く見てみると、郵便局と公衆電話の看板が入り口の左右の壁に直付けになっているような・・・

これはこれで、気にならない人はもちろん写真のままでいいし、工作力のある方はご自分でステーを自作して吊り下げ式にする手もあるでしょう。
でも、同じくリーフレットの部品写真を見てみると郵便局の看板は2枚ずつ入っているので両面ができるとして「電話」は異なるタイプがそれぞれ1枚ずつなので両面はできませんね。

そこでフト気付いたのが先日発売になったばかりのクラッシックストーリの「通りのたばこ屋」キットです。
この中には確かレーザーカッターでステーまで一体で切り抜かれた看板が入っていました。

ありました。
コレです。
St0005_2
画像の横に寸法を入れておきましたが、これだけ小さいので多少の印刷のずれは、いたしかたないのかなと思います。
それより、これほどの大きさのステーを強度を保ったまま切り抜ける人もそうざらにはいないでしょう。
もちろん裏も印刷してあります。
St00052
価格はこの別売りパーツのみで税込み1,200円。
けっこう高価な印象ですが、クラッシックストーリの説明では「まず厚紙の両面にずれないように印刷し、さらに位置ずれを起こさないようにレーザーカッターにかける。」という複雑な作業工程上、どうしても多くの不良品が発生してしまうことが避けられないそうです。
これが「必然的に価格も上がる」原因になっているようです。

もちろん「さかつう」では早速この看板部品を発注しました。

看板の下の紺や赤、黄色などの四角い印刷物はたばこ屋のショーケース内に入れる「たばこ」です。 

| コメント (0) | トラックバック (0)

駅前通郵便局 新発売!

ペーパーストラクチャーのキットをリリースしているMsコレクションから新たに郵便局が発売になります。

101701
縮尺は1/80。
税込み定価 3,360円。
発売は8月20日とメーカーは発表していますが「さかつう」への入荷は24日になってしまう予定です。
もちろんご予約、通信販売も受け付けています。
「さかつう」ホームページには近日掲載予定です。

101703
構成はMsコレクションの定番ともいえる着色された特殊紙を中心としたものですが、以前このブログでも取り上げたようにいよいよレーザーカットによる部品も取り入れられているようです。

今回はまだ屋根上の棟飾りだけですがMsコレクションではレーザーカッターをついに自社導入し、今後の製品への反映や、これも以前提案しておいたレーザーカット済の窓枠やガラス戸などのオプション部品の発売も予定しているそうなので楽しみです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月12日 (火)

結婚祝い

しばらく前に知人がご結婚されたので、何か心ばかりのお祝いをと思っていましたが、せっかく模型屋なんだから手作りの品を、と写真のディスプレーを作りました。

Wedding
Aさん、おめでとうございます!
末永くお幸せに!

Aさんとのお付き合いは私の30年以上の模型屋歴からすれば非常に短いといえます。
また、年齢的にも私より、私の息子に近いほうですがそれだけに”今”の感覚は教わることの方が多く、Webデザインや今後の広報には大いにお知恵を拝借したいと思っています。
また、大変な働き者で弊社の仕事もプライベートの時間を使ってまで動いてくれ、感謝しています。
今後ともよろしくね。

ということで、模型を作れる人ならジオラマを作るのに比べ、少々の工作で写真のようなチョットした物が作れる、という見本をご覧いただきました。

ベースはWoodlandのガラス製カプセルケース、それに定番のPreiserのWedding、ミニネイチャーの「スズメのかくれんぼ」という難しい商品名の素材を使いました。
あとは、手持ちの赤いフエルトと白めの砂利を固着して完成です。

お祝いに限らず、恋人や奥様に手作りのディスプレーのプレゼントをいかがですか?

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月10日 (日)

NMRA と JAMにかこつけて

ただ今、国際展示場で”第9回国際鉄道模型コンベンション”を開催中です。
弊社でも第1回をはじめとして都合三回ほど出展していますが今年はすでにご紹介にように弊社の機構大改正で暇がなく出展はおろか見学に行くことすらできませんでした。

先月の中旬はNMRA(National Model Railroad Association)が主催する”2008 ナシュナル モデル レイルロード コンベンション”がアメリカ西海岸のカリフォルニア州/アナハイムで開催されました。
こちらもアナハイムなら近いし、できたら行きたいと思っていましたが残念ながら・・・、というところです。
私の知人も何人か出かけたのを知っていますし、その方々から土産話を伺うとずいぶん多くの日本人が色々なかたちで参加されたようです。

いずれも鉄道模型のショーですが車輛偏重ではなく、情景や建物、人形、走行システムまでを含めた大きい意味での鉄道模型趣味ショーです。

弊社でも、もう20年近くも前になるかもしれませんが「鉄道車輛模型ではなく鉄道模型を楽しみたけれ当店へどーぞ」といった意味の広告を載せたことがあります。

私はけっして鉄道車輛のみを楽しむことを否定している訳ではなく、自慢できるとても良い趣味だと思っています。
事実、さかつうの初期「坂本通販」の頃は真鍮製の特製車輛を作って生計を立てていたし、模型屋になる一つの動機が「一日中工作台に向かっていたい。」でしたから。

しかし、楽しみ方は様々だということです。
車輛模型も楽しいです。
ストラクチャーだけ作るのもいいでしょう。
工作は苦手なので買ってきてコレクションのみもいいでしょう。
一日に一回は走らせないと落ち着かない! という方も存じ上げています。

このなかで新しい「さかつうギャラリー」は情景を選択しました。

ついでにでも
いよいよでも
動機なんでも結構ですので「さかつうギャラリー」へのおいでをお待ちしております。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 5日 (火)

酒屋さん 不定期連載 その2

「酒屋さん」のお話の続きですが、この酒屋さんをあわよくば製品化したい!と思った最大の理由はこの金看板です。

Maskouad
立派ですよねー。
沢山売る店につけてくれたという「金看板」ですが、模型でも酒屋さんを表現する不可欠のアイテムだと私は思います。
これがアル、ということはそうとご繁盛されていた訳ですが昔は本当によく売れたそうです。
しかし、今は残念ながら量販店に押され「商売にはならない。」とご主人は嘆かれます。
それでも「須賀茂」というオリジナルブランドの清酒を伏見のキンシ正宗という酒屋に造らせています。
もちろん私も買わせていただきました。

前回で大きな改修は加えられていない。
と書きましたが実は残念な改修がありました。

Maskouroof
この二階の屋根ですが、大正13年の新築当時はもちろん瓦葺でした。
ところが、先代のご主人が亡くなってしばらくして屋根を葺きかえることになり、当初は瓦葺の予定だったはずが、周りの足場をはずしてみたら何とトタン屋根になっていたとか。
その話になると今でも言葉を荒げる 先代のご主人の奥様でした。

私達にとっても残念な話です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 2日 (土)

続 ウエストン人形

7月19日にウエストン人形でエントリーしましたが本日はその続編、ということで。

前回のブログを読んでいただいた方からもご親切に「ボクもあります。」と新たなホウボウご提供いただきました。
しかも、上着と帽子の色違いで1980年頃銀座の天賞堂でお求めになったそうで当時の価格550円のゴム印がおしてあります。

1980年といえば1975年創業の弊店が巣鴨に店は出していましたが、まだまだブラスモデルを中心に車輛一辺倒でウエストンも機関士くらいは置いていたかもしれませんが、ホウボウ(浮浪者)までは手が回っていなかった頃です。

貴重な品をありがとうございます。

さて、いよいよホウボウもつかの間かも知れませんが安住の地を得たようで、それは20数年前に組み立てたウッドランド シーニックス社の"Abandoned Log Cabin"( 現在も発売中で品番M101 さかつうギャラリー定価2,646円)です。

この"Abandoned Log Cabin"( 廃屋)も久々に引っ張り出してみたら、本体はメタルのため何でもありませんが、保管状態が悪かった為、樹木にまきつけたフォーリッジはぼろぼろ、枝も無残に折れ曲がった状態だったので、これを最新のミニネイチャーで補修。

Abandoned_log_cabin
で、完成したのが上の写真です。
入り口に寝転んでいるのが前回ご紹介の「お兄さん」手前のオレンジ色の上着に赤いハットが新入りの「弟」です。

よろしく。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »