« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月31日 (金)

「黄昏の待合所」 田舎のバス停

「黄昏」というと想い出しますね~。
アメリカの元大統領レーガンさんが退任から5年ほどして自らアルツハイマー病になったことを公言し
「私は今、私の人生の黄昏に至る旅に出かけます。」というメッセージを残したことが妙に私の頭に残っています。

いきなり暗い話題のようですが、それほど「たそがれ」という言葉は心にしみ、私の大好きな言葉のひとつです。

さて、今回のご紹介はもうこのブログではお馴染みとなったクラッシック ストリー(以降CSと略します)の最新製品です。
元はといえば、東京/目黒で開催された「軽便祭」に向けて限定生産したものですが、弊店では「会場で売れ残る数を作って!!」と特別にお願いしておいたものです。
もちろん、限定生産品ですから会場で売り切れてしまえばそれまで・・・。
残ったら店頭でぜひ売りたいアイテムだったのです。

結果かなりの数量を作ってくれたものですから私の思惑通り(?)弊店でも売れることになりました。
誓って言いますが、決して再生産したものではありません。
CSも弊店も、お客様を裏切るようなことはいたしません!
Atype01
Atype02
待合所は二種類発売になりまして基本構成はCSのスタンダードでバスウッドと航空ベニア をレーザーカットで精密に切り抜いたもの。
それに看板類のプリントも含まれます。

もし、今までCSの製品を一度も手にしていなかったり、木製キットは難しい、と思っていた方はぜひともコレを組んでいただきたいと思います。
実物が木製のものはキットが優れてさえいれば、実は模型も木のほうが質感を出す上で数段作りやすいのだ、ということがお解かりいただけます。

まず、上のタイプは壁の板がタテ張りでこちらがAタイプ。
続いて下はヨコ張りでBタイプ。

板目が違うだけで、基本設計は同一ですから価格はいずれも税込みで2,940円です。
しつこいようですが本当に「限定生産」なので後になってアレ まだありますか?
とおっしゃられても困ります。
Btype01 Btype02

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月19日 (日)

=続= 日本の自転車

直前のエントリーでクラッシック ストリーから発売になったHOプライザー用の自転車スタンドキットをご紹介しました。

その後、HOプライザーの自転車の在庫のお問い合わせをいただいていますが現在の店頭在庫は前回ご紹介の品番10507のみです。

純粋に自転車のみを必要な方は品番17161で自転車4台と荷車1台の組み立てキットがプライザーからは発売されています。
Preiser17161
もちろん弊店でも7月頃からドイツ/プライザーにかなりまとめた数量を発注したのですがなかなか来ません。
つい先頃も8月下旬には再生産された気配があるので、オーダーを入れてみましたが相変わらず在庫ナシ、先方からは受注残にしてある、とは連絡がきているのですが・・・・。

では、アメリカからと、在庫のあるのを確認し、「軽便祭」に間に合うように緊急輸入しようとしたのですが、来た荷物になぜか「自転車」だけナシ!

プライザーの自転車から見放されたようですが、まあ、海外の業者は多かれ少なかれこんなもの、しつこくオーダーを出すしかありません。

入荷したらまたコチラのブログがホームページの新着・新製品情報でお知らせします。

なお、やはり以前ご紹介したルノーはおかげ様で早々に売り切れ、すぐに再注文をかけましたが、アメリカにはすでに在庫がなく、11月再入荷ということでしたが、なぜか数日前に突然2台だけ(!)他の商品と一緒にポロッと来ました。

何で今頃? それも2台だけ???
どこかのキャンセルでもまわしてくれたんでしょうか?
いずれにしてもご入用の方はお早めに!!

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月17日 (金)

日本の自転車

昔は自転車が貴重だったものです。

私が小学生だった頃、昭和30年代も前半ですが、ウチにはブルーの自転車が一台ありました。
よく、父親と一緒に油をしみこませたボロキレでリムやスポークを磨いたものです。

もちろん一家に一台しかない大事な自転車で、それに乗って水道橋の鉄道模型社、カワイモデル、科学教材社などにかよいました。

その後、父親は中古のカブを買いました。
買った店は偶然ですが今の巣鴨店から歩いて15分程度のところで、私の頭の中にはありますが、実際のお店はもうありません。
都電の16番が通っていた白山通り(17号)沿いの自転車屋兼、オートバイ屋でした。

昭和のジオラマに欠かせないのは自転車です。
それもガッシリとしたスタンドと荷台付き、できれば砲弾型ヘッドライトがついたタイプです。

HOサイズの完成品ではプライザーから発売になっています。
10507
品番10507 税込価格3,381円で自転車が4台、このセットでは各々人形が乗っています。
それに荷車が一台付き。

長くなりましたが本題はここからです。
Bike02
いかがですか?
日本の自転車に見えませんか?
上のプライザーの自転車にスタンドと荷台を付け、塗り替えただけです。

エッ? そんな魔法の部品がありますか?って?
あるんですねー。
この犯人、またクラッシック ストリーです。
この、山川さんと話していると色々な製品や、アイディアがどちらからともなく泉のように湧いて くるから不思議です。

で、製品です。
Stand_2
一番上はプライザーの自転車を分解したところ。
二番目はこの製品が透明アクリル板であることを示しています。
三番目は実際の製品で、保護紙が貼られています。

5台分の部品が入って税込み定価は 840円です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »