« 2009年1月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月31日 (火)

CSの窓枠 入荷!

クラッシク ストリーのカタログ、同メーカーの基本寸法に合わせた設計用紙(方眼紙)、同じくそのまま壁などの基礎になる厚紙の設計台紙、それと窓枠の第一次分、78種類が入荷しました。
Cs478

写真は本日入荷分ですが、これでも今後発売される分も含めた全アイテムの3分の1です。

前回のブログでは何気なく総数211アイテムと書きましたが、こうして目の当たりにしてみると、イヤー凄いものですね。

在庫するほうも大変ですが、選ぶお客様も大変でしょうね~。
でも、これって嬉しいほうの大変さですよね!

とにかく、さかつうギャラリーでは全種類在庫するのでご安心ください。

まずはカタログ(店頭\840、通信販売送料共\1,000)をお求めいただいて、じっくり悩んでください。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月27日 (金)

CSの窓枠いよいよ発売 か

クラッシク ストーリーのレーザーカット木製窓枠シリーズですが去年末には発売すると思われ、私もブログにそう書きました。

それからもいつ出るかいつ出るかと大変お待たせしていた窓枠、ガラス戸などの発売にようやく目どがたちました。

カタログのテストプリントも本日到着!
Cscatalog

カタログと第一次発売分として窓枠などが、なんとも怪しげなエイプリルフール 4月1日発売予定となっています・・・・・。

カタログ、窓枠、その後発売(4月5日頃)されるドアなども全て1袋(1冊)税込み価格840円です。
窓枠などガラスつきの製品は特製の0.2mm厚アクリル付です。
言うまでもなくアクリルは塩ビ板などとは平滑度が全く違い、ガラスに一番近いと思います。

このなかでもカタログは必携となるでしょう。
ページ数わずか6ページの小冊子ですが、何と総点数211にもおよぶ今回のシリーズのすべてがイラストで収められ、その他にも主要寸法や組み立て法も掲載されているからです。

このカタログも1冊840円なので、通信販売ではメール便送料を合わせると1,000円丁度となります。
ご注文はメールでも承っていますので、一日も早くという方は今の内にご予約ください。

ご送金先は
三菱東京UFJ 巣鴨支店 3505516 有限会社さかつう
ジャパンネット銀行 5675003 ユ)サカツウ

のいずれかにご送金ください。
入荷次第発送できる予定でおります。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月22日 (日)

バスの詳細とご予約票ダウンロード開始

本日より、さかつうギャラリーのホームページから各塗装の種類、価格とご予約票をダウンロードしていただけるようになりました。
New

数日前のアップ以来沢山のお問い合わせをいただいています。
中には「本当に再生産しないの?」というお問い合わせも混ざっていますが「本当に再生産はしません。」

ただバスはもう作らないという意味ではなく、今回のBXD30、ヘッドライト4灯式、中ドアは再生産しないという意味で、今後の状況次第ではたとえば2灯式の前期型を発売することはあるかも知れません。

主な材質が真鍮なのは以前に当ブログでご覧いただいた通りですが、ホイールのタイヤがサンプルでは一体の樹脂でしたが、塗り分けなどの利便性からタイヤのみを黒の樹脂とし、ホイールを真鍮製としました。

バラキットはわずか30セットのみの販売数量にもかかわらず、早くも多くのご予約をいただいていますが、今回の商品は元来がキットとして企画されたものではなく、メーカーで完成品を作ることを前提として設計してありますので、キット組立てにはそれなりの真鍮工作の経験が必要ですので予めご承知置きください。

フロントのボンネットとフェンダーは一体のロストで熱を大きく吸収し、最低でも100ワット相当のハンダ鏝が必要です。
写真のサンプルは大方を私が組みましたが使った鏝は古いアカエ系統ではなく、比較的最近の早くあったまるタイプの48ワットを使いました。
これは表示ワット数は少なめですが昔の100ワットと同じように使えました。

いずれのバージョンおいても、くれぐれもお早目のご予約、」ご注文をお待ちしております。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月21日 (土)

プライザーのHO自転車キット入荷!

やっと到着です!
17161m

プライザーの自転車ですが、昨年の6月より当店では品切れでした。

プライザー社からの説明ですと昨年の8月末には再生産するということで注文は入れておいたのですが、そのまま9月中旬になっても来なかったので再度問い合わせると、タダ単に「在庫切れ」の返事。

当然、注文残にはなっていなかったのですか?と問い合わせをしましたが「注文残にはなっている」という返事。
「注文残になっているならなぜ送られてこなかったのか。」という疑問と「本当に再生産はしたのかな?」の二点が釈然としませんでしたが、とにかく長らくお待たせいたしました。

キットの内容はこんな感じです。
17161d

4台の自転車パーツと小型のリヤカーが入って税込み2,111円です。

これにクラッシク ストリーの「プライザー自転車 日本型 コンバージョンキット」という長い名前のキットを付け加えるとこんな感じになります。
Bycycle

全長で2センチ強の小さなものですが、かなりアップしても良く出来ていると思います。

「コンバージョンキット」は5台分入って税込み840円なので、元キットとあわせると総額2,951円で4台の自転車とオマケができるという寸法です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月20日 (金)

いすゞ ボンネットバスをホームページにアップしました

お久しぶりです。

あまりブログを書かなかったもんで、ログインの仕方を忘れました!
なんて、ふざけている場合ではありません。

結局、薬局「東海バス」仕様はダメになりました。
製造許可が東海バスさんの方からおりなかったという訳です。

東海バスさんには今回弊社が作るBXD30、4灯式ヘッドライト、中ドアという車の該当がないか、充分な調査をしていただいたのですが残念ながら資料には在籍したという確たる証拠が見当たらなかった、というご報告をいただきました。

当方でも調べれば調べるほど同一の型が在籍しなった可能性が高くなる一方で、同型でないと許可は出せない、という東海バスさんに従わざるを得ませんでした。

そこで急遽浮上したのが「田舎バス カラー」。

といっても特別そんな色があるわけではなく、私の独断と偏見で3色をラインナップしました。

詳しくは弊社ホームページをご覧ください。

詳細やご予約票のダウンロードを近日中にできるようにしますが、本日のところはバスをお取り扱いいただく他の小売店さんとの公平を期すため概略をご覧いただくだけとなっております。

こちらのブログではホームページではまだ公表していない、いすゞ自動車の当時のカタログの縮小版をご覧ください。
Catalog

原本はいすゞ自動車株式会社さんから拝借し、許可をいただいてデーター取りをし今回の全ての製品にサービス品としてお付けするものです。
Catalogd

バスの発売時期は当初の3月から大幅におくれ、現在のところ5月発売予定で進行しておりますので、もうしばらくお待ちください。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年4月 »