« ボンネットバス 中間報告 | トップページ | 旋盤が新発売! »

2009年6月12日 (金)

昭和30年代の古いテレビも作っちゃう

タイトル通り、現在テレビ、他(今は内緒!)を作っています。

鉄道模型界でHOサイズのテレビを作るとなれば、ホワイトメタルやレジンが通り相場ですが当方は金型のプラスチックで作ってしまおう、というもの。

HOサイズでプラ製品金型なんて!
気でも狂ったか!
と思われるでしょうが、その狂った証拠をお見せしましょう。

Tv1
コレが設計図みたいな物で3Dによって描かれており、この段階までで様々なチェックが行われます。

俗に言うプラモデルも現在はこのようにして設計され、この後の工程も私共のテレビ製作とほぼ同じです。
先日の静岡ホビーショーでは同時にバンダイやタミヤの工場が開放されていたので、この工程をご覧になった方もおいでのことと思います。

次は金型を彫るための原型のようなもので、電極となるため銅で出来ています。

Tv2
このまま製品になるの?
と思われるかも知れませんが実は違います。

これは単なるテストで、実際にはこの小さな画面の後ろから画像をはめ込み、その後ろからチップLEDで照らせば正に放映中のテレビが作れるだろう、という目算です。

たかが、1cmにも満たない小さなテレビです。

しかし、この中に詰め込んだ我々の思いは途方もなく大きな物で、今までのいかなる製品とも精度、コンセプト共に全くバッティングするものではないことがお解かりいただけると思います。


« ボンネットバス 中間報告 | トップページ | 旋盤が新発売! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/161003/30072157

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和30年代の古いテレビも作っちゃう:

« ボンネットバス 中間報告 | トップページ | 旋盤が新発売! »