« 四号 黒電話器 新発売 | トップページ | 点灯する街灯 »

2009年9月 8日 (火)

HOサイズのビン物

このブログでも昨年の7,8月頃には、今にも酒屋さんを作りそうな話がありました。

http://sakatsublog.cocolog-nifty.com/blog/2008/08/2_5f4e.html

ところがいつまでたっても企画が実現できない理由の一つに店内に置く商品の問題がありました。
酒屋さんといえば勿論ビンが欠かせません。

大量に売れるものなら話は簡単で、プラで作ってしまえばいいだけの話です。
ところが、少量生産の場合、この製品化は意外と難しくてつまずいていました。

今まではプライザー社の「ビール樽、ビールケース、ビール瓶セット」

http://store.shopping.yahoo.co.jp/sakatsu/search.html?p=17105&x=57&y=10

がビンを入手するには一番でした。
売価約2,000円で

ケースに入る20本固まり状態のが16個
バラのビンが40本
ケースが16個
その他にタルが沢山

これだけ入っていました。

ところが今度取り寄せてみたブッシュ社の製品がこれです!

1891134_1

これだけ入って税込み 2,644円。

エッ? 

これだけ、ってどれだけかわかりませんか?

それではプライザー同様、数えてみましょう。

ケースに入る20本固まり状態のが60個
バラのビンが280本
(ビンの高さ約3.5mmなので実物換算では約30cm)
ケースが80個

1891134_2

で、価格は600円ほど高くなりますが、くだらないけど重要な計算をしてみるとビン一本当り、プライザーは約5.7円、対するブッシュは約1.6円、と圧倒的な安さ。

出来にしてもこんな感じでけっして悪くはありません。

1891134_3

ちなみに、ビンもケースも各々5色あり、茶色だけください、なんてわがままはききません。

在庫の方ですが、とりあえずサンプルで3個取り寄せ、写真撮りで1個は売り物にならなくなってしまったので販売品は現在2個。

追加はすぐさま発注してあるので入荷は9月の連休前後の予定です。

では、すぐ酒屋の設計にはいれるか、というと残念ながらメインの一升瓶がありません。

一升瓶は実寸で40cmm強、1/87では約4.6mm(以下すべて約)、1/80で5mm、Nスケールの1/160では2.5mm、日本の1/150では2.7mmとなります。


« 四号 黒電話器 新発売 | トップページ | 点灯する街灯 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/161003/31285528

この記事へのトラックバック一覧です: HOサイズのビン物:

« 四号 黒電話器 新発売 | トップページ | 点灯する街灯 »