« 軽便祭出品情報その2 | トップページ | 茶箪笥、衣装たんす、洋ダンス »

2009年10月31日 (土)

EF58用の窓ガラス

天賞堂から16番でダイキャスト製のEF58が発売になりました。

良くできているし、実感的な汽笛の音なども入ってトータルバランスの良い製品だと思います。 
某模型屋の話では、このところ売り上げが低迷していたけどあのゴハチにすくわれたとのことです。

それほど良く売れたそうで弊店では扱ってはいませんが、ご同慶の至りです。

ところで、本体は販売していないのに、ゴハチの交換用窓ガラスを発売しました。

エッ? ジオラマ専門店と言い切っていた「さかつうギャラリー」がかってですか?

そーです。
平和島の「さかつう」ではなく、巣鴨「さかつう」が発売元です。間違いありますぇん。

形式も、電気機関車の「E」
動輪が6軸の「F」
旅客牽引機の「5」
8番目の「8」
あわせて 「EF58」
で間違いありません!

勿論、発売されたままのゴハチで何の問題もある訳はないのですが、窓ガラスだけはやっぱり成型品だと何かと難しいようで、今一かな~という気がしました。
そこで得意分野のレーザーカットを駆使して(ウチがというよりCSの得意分野ですが)ドンピシャ!の窓ガラスを発売してしまった訳です。

Gg6o8650ss

いかがですか? カッコいいでしょ!

ちなみに写真のサンプル製作と監修はDCCで有名な根津達也氏にお願いしました。

窓ガラスの素材は透明度と平滑度の高いアクリルです。

窓に角度がつき、一番目立つ正面は0.3mm厚を使用。

サイドの機械室窓には取り付けやすくて平面も出やすい0.5mm厚。

乗務員ドアは車体のストッパーに合わせて1.0mm厚と使い分けています。

P1100235s

写真では茶色に写っていますが、これはアクリルに貼ってある保護紙でこれをはがせばもちろん透明です。
取り付けは塗料を犯さないように、木工用ボンド、または水性で乾くと透明度の高い万能ボンドを車体窓縁に薄く塗っておき、外側からアクリルをはめ込むのが一番つけやすいと思います。

今回は小窓のHゴムが使っていないタイプのみの発売です。

早速、Hゴムつきのご要望をいただいていますが現在効果的なHゴム表現のアイデアが浮かばず、開発中、ということになっております。

肝心の価格ですが一輌分、予備も含め合計36枚もの窓が入って税込み2,415円です。


« 軽便祭出品情報その2 | トップページ | 茶箪笥、衣装たんす、洋ダンス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/161003/32013153

この記事へのトラックバック一覧です: EF58用の窓ガラス:

» ガンプラ ジオラマ 作り方 [ガンプラ ジオラマ 作り方]
ガンプラのジオラマの作り方についての情報です。 [続きを読む]

受信: 2009年11月11日 (水) 17時31分

« 軽便祭出品情報その2 | トップページ | 茶箪笥、衣装たんす、洋ダンス »