« 柱時計、掛時計 | トップページ | 仁鮒の客車 »

2009年11月24日 (火)

ちゃぶ台 なつかしの昭和

このところ立て続けの新製品ですが本日はCSからの発売で「ちゃぶ台」です。

Cyabudai3s
以前CSより丸型の「ちゃぶ台」が出ていますが、今回のは角型。

時折このブログでも書いていますが、私の生まれは東京/文京区の千駄木。
小さな家がごちゃごちゃと建て込んでいる地区でした。

我が家も当然狭く、私が小学生の昭和30年前後の食卓は正にコレでした。

普段は部屋の片隅に立てかけてあって、ご飯時になると部屋の中央に引っ張り出し、脚をパタパタとたて、ストッパーをぎゅっと出して固定すれば華麗なるダイニングテーブル!の誕生です。

キット内容はいつもと同じ以下のごとく。
一袋に2セット入って 1,260円です。

Cyabudai1s

早速、作りかけの煎餅屋に置いてみました。

Cyabudai2s

なんだか今は亡き父親などと一緒に囲んだ食卓をふと思い出してしまいました。


« 柱時計、掛時計 | トップページ | 仁鮒の客車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/161003/32339110

この記事へのトラックバック一覧です: ちゃぶ台 なつかしの昭和:

« 柱時計、掛時計 | トップページ | 仁鮒の客車 »