« DD51用窓ガラス | トップページ | ちゃぶ台 なつかしの昭和 »

2009年11月23日 (月)

柱時計、掛時計

柱時計ができました。

Clock1
1センチ角のテンプレートからお解かりいただけるでしょうか?
とにかく極小です。

それでも一応プロトタイプがありまして、写真上の段の左側はユンハンス(ドイツ)の高級掛時計で、針もユンハンスタイプとなっています。
販売されていたのは大正時代位のを模していますが、昭和にも充分使われていたもので、実際、弊店で使っている時計は明治時代に作られたものと思われますが100年を経た現在でもほとんど狂いなく時報を鳴らし続けています(自慢話)。

同じく上の右側は昭和の時代に多くみられた精工舎、あるいは愛知時計のものです。

一番下のテンプレートに載った八角時計はユンハンスほど高級ではありませんが、それでもアメリカのアンソニアというメーカーの輸入時計を模していて、この形はかなり人気があったとみえコピーものの日本製が散見されます。

時計の話となるとつつい長話になってしまいますがキット構成は以下の写真をご覧ください。

1410_1s
右下の茶色いシートは透明アクリルで例によって保護紙が貼ってあるので茶色に見えています。

価格は3タイプが入ったキットで

1,680円、本日発売! です。


« DD51用窓ガラス | トップページ | ちゃぶ台 なつかしの昭和 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/161003/32322308

この記事へのトラックバック一覧です: 柱時計、掛時計:

« DD51用窓ガラス | トップページ | ちゃぶ台 なつかしの昭和 »