« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月31日 (月)

HOサイズ 塗装済み人形新発売!

長い間の懸案だったさかつうギャラリーのオリジナル人形塗装済みが徐々にではありますが発売できることになりました。

材質はメタルなので多少の曲げに対応できます。
塗装は日本で行っています。

第一弾は既に発売中。

上行のクリックで発売中の六体はご覧いただけますが、第二弾も準備中で今回はその内「晩酌中のおとうさん」のズボンを国鉄の制服の色に、シャツは白、ネクタイは見えませんがやっぱり紺色にしました。

実際の発売はタイトル通り「晩酌中」なのでネクタイはない他、洋服の色も異なっての発売です。

現在、私(坂本)はCSの一号駅舎を製作中で、キットオリジナルでは倉庫風になっている場所を私は職員の休憩所兼用の四畳半を作り、そこに上着を脱いでお茶を飲んでいるシーンをでっち上げました。

Eki1

あー背中だけで顔が見えませんか。
もう一枚!

Eki2

あまり変わりませんか。

実はこれらの角度は駅舎を作り続けていると最後には撮れなくなってしまうので今のうちの記念写真、ということでご勘弁ください。

小物類の解説をしますと。

四畳半の床などは端材から適当な寸法に切って使用しましたが、その前に畳をパソコンで作って、それに合わせて床を作るという手順です。

カレンダー、新聞、変な台(物入れ?)の上の本もすべてパソコンでプリントし、折り曲げたり貼ったりして作りました。

手前にだらしなく投げ出された上着はティッシュペーパーにダークブルーをしみ込ませながら形を整えて乾燥させました。

駅員の影のヤカンはエコーの307番のヤカンで、急須でお茶をいれるなんて上品なものではなく、昔の安定食屋のように、ヤカンの熱湯にいきなりお茶葉を入れるあれ、です。

熱湯が入っているのでキッチンペーパーを茶色に染めて鍋敷のようにして畳に置いてからヤカンを置いています。

窓際の「変な台」は近々テレビ台として弊店より発売予定のもので、観音開きの小型物入れとしても使えます。

ちなみに駅舎はキットをストレートに組んでいる訳ではなく、近々CSから発売予定の駅周辺の小ジオラマ台(サイズはA4)の試作も兼ねています。

もう一つCSもので先日の丸型給水槽のお値段と発売日が決定しまして、価格8,400円、発売日は6月4日(金曜日)の予定です。
寸法もわかりましたのでお知らせします。

全高は64mm桶の直径外形は26.5mmです。

レイアウトやセクションだけでなく、単品でちょっとしたケースに飾ってもなかなか可愛いですよ。
皆様からのご注文をお待ちしております。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月29日 (土)

給水槽が近日発売になります

給水槽というのか給水塔というのかわかりませんが、クラッシク ストーリーから樽型のタイプが近日発売になります。

当方には今日の午前中に写真が添付書類で投げこまれただけで、以降クラッシク ストーリーと連絡が取れませんので記述に多少間違いがあるかも知れませんが、”速報!”とうことでお伝えしましょう。

まずは写真から。

Water01

こんな感じなので大きさとしては以前から発売している「1/87 軽便用 木造給水槽」に近いものと思われます。

次にポンプ小屋側からの写真をどーぞ。

Water02_2

可愛い小屋は、まるで犬小屋か個人宅にあるお社のようですね。
互い違いのハシゴも私好みです。

「1/87 軽便用 木造給水槽」は角型でしたからまるで樽のような水槽だけでも大きく印象は異なりますが、脚部分もテーパーからストレートに変わっています。

肝心の価格と発売時期ですが、何せゲリラ的な製品開発と発売で有名な(クラッシク ストーリーには確固とした予定や理由があるようですが・・・)CSですから詳しくは不明ですが、価格は多分角型と同じくらい、発売時期は数日中から10日程度の「近日中」と私は予想します。 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 3日 (月)

ローカル駅の便所 本日発売!

前回のブログでご紹介したCSの「便所のキット」が本日(5月3日)発売になりました。

店頭でもさかつうギャラリーYahooショッピングでもすでにお求めいただけます。
キットの完成見本は下の写真を、詳しくは上記ショッピングページをご覧ください。

Benjyo2

価格は税込み 8,925円でそのほか電灯照明オプションなどもありますが詳しくは同様に上記ショッピングページをご覧ください。

なお、比較的最近さかつうギャラリーより発売した定電流ダイオードですが、今回のように薄暗い「便所」を表現するには最適です。

個人的には品番2906の電流値の小さい方をお勧めしますが、あまり暗いと「怖い」と思われる方はその倍の電流を流す品番2907 、便所はヤッパリ煌々としていなければ!というかたはそのままストレートでどーぞ。

便所後ろの樹木はキットには含まれていません。

私(坂本憲二)が昨日作ったもので、幹は古典的方法でな銅線を寄り合わせたものに近代的なターナーのグレインペイントで肉付けしました。

葉っぱはミニネイチャーの920-24 を貼り付けた後、上からエアブラシで軽く黄色を吹きつけたものです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 1日 (土)

駅の便所

CSの最新製品はローカル駅の便所です。

商品名ですが「便所」はないかな~、トイレはもっとない、お上品には「御手洗い」かな・・・・。

迷った末、小さな駅舎に合うのはやっぱり「便所」だね。
ということで商品は「ローカル駅の便所」 で 決定!!

Bennjyo

説明書では「扉を開けた状態でも作れます。」となりますが本当は開閉可能です。

なんですが、組み立てが若干困難で一般的ではないのであえて簡単な説明書きとしてあります(発売元はCSで、さかつうギャラリーではないので「あるそうです。」が正しいです)。

開けると中には便器もあります。

もっとも、この手前には大和塀が側板がわりにきてしまうので、この角度で見られるのは組立て途中のみです。

もちろん汲み取り式便所なので写真向かって左側の男子用は便器のない流しっぱなし。

個人的な話ですが私の母親の親戚が山梨県にあり、その駅にこのような便所がありました。

今、思い出しただけでも匂いがただよってくるような便所でしたが、この模型もそんな雰囲気で作りたいものです。

発売はゲリラCSのこと、またしても突然ですがゴールデンウイーク明けです!

5月1日現在、価格未定です。

| コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »