« 国鉄の小さな駅 ジオラマ その2 | トップページ | 日通荷受所 近日発売 »

2010年6月13日 (日)

国鉄の小さな駅 ジオラマ その3 便所に凝る

このところCSの新製品予定をご紹介してきました。

さかつうギャラリーではエコー製のハカリはもちろんですが、いさみや製の閉塞器などの単品も販売しています。

また、前回ではCSの新製品、出札窓口三点セットと金庫もご紹介しましたが、今後同社から駅内装セット、待合室セット、事務室セットなど単品でお求めいただくより割安のセットが発売予定になっていますので、それらが発売になってから見極めて単品をお求めいただくのがよろしいかと思います。

では今回の本題「便所に凝る」です。

Bennjyo1

色彩的なメリハリがないので今一ご覧になりにくいかも知れませんが、最も凝ったのは写真左側の小便器(?)です。

例の「臭ってくるような・・・」をテーマにかなり黄色っぽくしてみました。
実物でいくと、用を足すところがただのドブ状になっているだけで、水洗なんてしゃれたものではありません。
使ったことのない方のために、簡単に説明をさせていただくと、そのドブ(溝)は写真でいけば左から右に向かって傾斜し、個室の溜めに流れ込むようになっています。
構造的にはただこれだけですから、クサイはずです。

写真ではあまり判然としませんかね~、まあ自分的にはそこそこ上手く塗れたと思っています。

この塗装は弊店で新しく取り扱いを始めたシタデルというブランドの水性塗料で塗りました。

非常にのびがよく、乾燥すれば重ね塗りしても下の塗料が溶けにくいなどの優れた点があり、お買い求めいただいたお客様からも大好評です。

右側は個室が二つあるので、片方を半開きに白い便器がチラッと見えてます。
えっ? そんなものがチラッと見えてどうするのか、ってですか。
う~ん、考えておきます。

電灯の配線も終わって点灯してあります。

外側の手洗い(何て呼ぶのかわかりませんが実物では陶器で出来た受けです)はキットに元々付いていたものを塗装して汚しただけですが、その上の蛇口は弊店の極小ハンドレールノブ 1.0mm高 と0.4mm径の洋白線で作りました。

ハンドレールノブが真鍮色なので銀色に塗らないといけませんが、まだそのままです。

本日はこの辺で。


« 国鉄の小さな駅 ジオラマ その2 | トップページ | 日通荷受所 近日発売 »

コメント

ペガサスシャーシーを利用したスロットカー製作レポートを発表しています。
ペガサスシャーシーはパーツであっても、入手困難なのでしょうか?
フロントシャーシーと軸受け等の可動部分だけでもOKです。

投稿: 高田スロットカー製作模型工房 | 2010年7月 2日 (金) 23時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/161003/35237016

この記事へのトラックバック一覧です: 国鉄の小さな駅 ジオラマ その3 便所に凝る:

« 国鉄の小さな駅 ジオラマ その2 | トップページ | 日通荷受所 近日発売 »