« 白樺高原鉄道 訂正文 | トップページ | 白樺高原鉄道 その3 »

2010年11月15日 (月)

さかつうギャラリーの講習会

さかつうギャラリーでは小さな教室をオープンさせました。

教室は店内の一角で通常は5席、最大8席程度まで拡大できますが、店の希望としては、こじんまりと楽しい教室ができたらと思っています。

Img_0062s_2

さて、オープンしたての教室での栄えある第一回目は、11月27日土曜日 13時30分からクラッシク ストリー(CS)の代表、山川良一氏においで願って同社製品の組立て方など。

弊店ではCSの製品をフルライナップで 販売していますが、そのなかで一番多い質問が木部の着色、以下組立てに関する様々な方法です。
したがって、講習の内容もそれに沿ったものです。詳しくはこちらのページの同日の緑文字をクリックしてご覧ください。

当日は精密レーザーカットの精度を簡単に体験できる小さな木製箱のキットを受講者にプレゼント!

翌週、12月4日(土曜日)、5日(日曜日)は弊店の坂本直樹が超初心者向けにクリスマスディスプレーの作り方講習会を開催します。

Photo_2

ご覧のように、楽しいディスプレーなので学校を出てから何も作ったことがなかった方や、女性も大歓迎。特別ご持参していただくものは何もありません。

出来上がった作品はお持ち帰りなので、ご自宅にあるいはプレゼントにどうぞ。

詳しくはCS講習会と同じくこちらのページ の緑文字よりご覧ください。

また、教室では「私も誰かに教えてみたい。」あるいは「仲間数人で一緒に何かを作りながらおしゃべりもしたい。」そんなご利用をお待ちしています

話は変わりますが、私(坂本憲二)も先週講習会に行ってきました。

スイーツデコ・アート協会が主催する、もちろんスイーツ!!!

Photo_3

ど~です?

エッ? どうです、なんて聞かれてもわかりません!ですって?

いえね、おいしそうでしょ。 という意味です。

一番おいしそうな生クリームはシリコン、アイスクリームは粘土、ジャムはガラス絵の具の呼ばれる乾くと半透明になる材料、文字などが書いてあるチョコレートは布などに立体の文字が書ける(商品名は忘れました)材料です。

以上の材料を私はこのような用途で一度もつかったことがありませんでした。

このほか、聞くこと見ること新鮮な情報が多くとても勉強になった講習会でした。

イヤー 模型って本当に奥が深くて楽しいですね!


« 白樺高原鉄道 訂正文 | トップページ | 白樺高原鉄道 その3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/161003/37672844

この記事へのトラックバック一覧です: さかつうギャラリーの講習会:

« 白樺高原鉄道 訂正文 | トップページ | 白樺高原鉄道 その3 »