« 2011年3月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年1月27日 (金)

三丁目の夕日 '64

いやーお久しぶり、約一年間のご無沙汰でした!

なんて書き出したって、誰も相手にしてくれないか。 
小学生のときから日記は3日と続いたことがありませんでした・・・・

ハイ、気持ち切り替えて今日のお題目は
1月21日に公開が始まった映画「三丁目の夕日'64」。

昨日は店の定休日だったので、昨年引っ越した埼玉県の住まいの近く、もと大宮操車場だったさいたま新都心にある映画館に行ってきました。

私は無類の映画嫌いで、劇場は小学生の頃、学校で強制的に観にいかされた「砂漠は生きている」以来実に50年振りくらいです。

そんな映画嫌いがなぜ行ったかと言うと、動機は不純なことに「商売絡み」でした。

様々な事情から幸運にもこの映画の模型グッズ、日テレサービス発売の「情景フィギュア764」「プルバック・ミニカー」を取り扱わせていただくことができました。

さらに撮影中にはスタジオ見学もさせていただき、薬師丸さんのラーメンまで現場でご馳走になってしまっては、これは観ないわけにいきませんよね。

しかも、3D!!!凄いでしょ~

エッ?いまさら何をいってのって?
勘弁してくださいよ、何と言っても50年振りですよ、最後が小学校の時に東京/千駄木町にあったアカデミーという映画館だったんですから。

昔のことだったから換気でも悪かったんですかね。途中から頭が割れるように痛くなり、それをきっかけに映画が、というより映画館が嫌いになって以来の、私にとっては大事件です。

で、観た映画。

「みなさ~ん。 映画は映画館で、しかも3Dで観ましょう!」

いや、行ってよかったですよ。臨場感というか、やっぱりテレビで観るのとは大違いですね。
私の変わり身も早いですね~。

ストーリーも面白いです。第一話、続編はつい最近テレビで観た方も多いでしょう、私も観ましたが第三話となった今回は東京オリンピックが開催された1964年のお話です。

不覚にもついつい目頭を熱くしてしまいました。 隣でバケツのように大きなポップコーンを食べていたお姉さんも食べいてた手が目のほうに行っていました。

あれって、塩気が目に入って余計に涙が出ちゃうんじゃないですかね、 余計な心配か。

で~

R0010114_2


弊店で販売している「情景フィギュア'64」です。

これは八種類が発売されていて詳しくはこちらをご覧ください。

販売はこちらです。

この八種類の中での目玉はやっぱり鈴木オートの'64バージョンでしょうね。

写真は組み立てて、昨日観て来た映画同様、リハツ店と並べてみたものです。人形はトミックスのもので、今回の製品に人形関係は一切入っていません。

修理工場部分が続編までより大きくなって、前面が白ペンキで塗られている状態です。
中をのぞくと工場には梁まで表現されてこれで672円は安いと思いますが、残念ながら、これらは模型界ではあまり一般的ではない「ブラインドパッケージ」と呼ばれる中身が見えない販売方法なので、「これください。」と指名買いはできません。

クジよろしく、買ったものをあけると八種類のどれかが入っている、開けるまでは何が入っているのかわからない。 といったものです。

店頭へお越しいただいて、一個ずつ当たるまで買い続けていただくのが一番少量で目的の商品をゲットしていただく方法ですが、通信販売では8個セットをお求めいただくしかありません。

我々も何が入っているのかわからないので、単品売りが出来ないのです。申し訳ありませんが通信販売ではセット販売のみとなります。

じゃーセットで買えば目的の物が必ず入っているの?と聞かれると、たぶん大丈夫だと思いますが保障はありません。

発売元でも八種類を一個ずついれて8個セットにしている、と公言はしていないからです。

話は長くなってしまいましたが、CS(クラッシクストリー)からも三丁目シリーズが発売となります。

CSの山川さんがスタジオやロケ地に行ってつぶさに研究した結果の製品ですので、いつも通り正確無比の決定版「鈴木オート」です。

試作もできあがり、弊店頭(さかつうギャラリー)でご覧いただけます。

縮尺は1/87. 対象は第三話で見られる増築後ではなく、オリジナルの「鈴木オート」です。

03_7


05_4

最後は母屋の作業場にパブリカが入っているところの画像。

10

このパブリカ、映画の中では若いお医者者さんが乗っているんです。詳しくは映画をご覧いただくと、なぜパブリカが「情景フィギュア'64」のアイテムになったかがおわかりいただけます。

鈴木オートは1/87ですがパブリカは1/80。

ちなみに「情景フィギュア'64」の建物類は日本型Nスケールの1/150です。 

車はこれ以外に観音開きクラウンタクシー、鈴木オートミゼットがあり、いずれも1/80ですが、1/87の建物の中に入ってもそうおかしくはないと思いませんか?

CSの「鈴木オート」はいつもの精密レザーカットのキットで29,400円で近日発売予定。
写真の小物類は別売りのエコー製品を使用しています。

CSではこのほか三丁目の建物をシリーズで発売してゆく予定になっておりますのでお楽しみに。

| コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2012年9月 »