2010年2月19日 (金)

大宮 鉄道博物館に行ってきました

エーッ いまさらこのタイトル?

と云われそうですが事実だから仕方ありません。
重い腰をもちあげて定休日の昨日、はじめて行って来ました。

午前中の10時頃まで雪がちらつくなか「よーし、これならすいてるぞ!」とばかりいざ大宮へ。

大宮からニューシャトルという「ゆりかもめ」に似た鉄道に乗り換えるのですが、一旦JRの改札を出て構内を結構歩きます。

大宮の駅って凄いですね。
大きいし、色々な店が沢山出店しているしで、それに比べ我が巣鴨駅の貧相なこと。
今、正に巣鴨駅も建て替え改装中ですが、地下鉄との乗り換えもありターミナルを除けば東京でも有数の乗降客が多いという割にはかなり小さな駅舎になってしまいそうです。

一説には多くのテナントが入れる大型商業ビルは地元の商店会が反対したとか・・・。
真偽の程は定かではありませんが、ヤッパリ「お地蔵さん」の巣鴨は考え方も古いのかな。

何はともあれこんな電光掲示板を案内にニューシャトルへの乗換えを急ぎます。
Tesuhaku1

シャトルに乗ってもわずか一駅で鉄道博物館に到着。

駅=鉄道博物館のエントランス状態で改札からでたコンコースに動輪が展示されていました。
Tetsuhaku2

左の黒い動輪が1400mm直径のD50用でなぜか光線状態のよかったこちら側はタイヤがはまっていない輪心のみ状態でした。

右側の赤い動輪はDBの01用で確か2m直径。
以前、宝町の喫茶店ゼロイチの店内に設置されていたものを寄贈したと聞いたことがありましたので、これがそうですかね。

ちなみに01の動輪はドイツ/ハンブルグ/アルトナ駅地下構内にもあって、そいえば2年前に写真を撮ったことがありました。

Tetsuhaku01

動輪手前のガラスが光ったり周りの景色を写しこんで見難いかも知れませんが、こちらはさすがに地元で先輪の2軸からはじまって動輪3軸、従輪1軸と実機機関部の車輪配列そのままで残されています。
しかし、こちらは残念ながら片側のみ。
実機の赤いフレームごと車輪も車軸を通して両輪で残っていればカッコいいでしょうね。

なんて、欲をいえばきりがありません。

さて鉄道博物館に戻って、入り口の改札(?)をスイカで抜けて右側に向かうと雑誌などでおなじみの実機が並んでる展示会場になります。

小学校から須田町の交通博物館に通いつめた私にとって再塗装されて並べられた車輌達は懐かしくもありますが、新たに展示された車輌ももちろんあります。

なぜかボンネット特急電車の先頭が181系と481系の2輌も並んでいました。
Tetsuhaku3

こうしてみると、私には181系も、151系も区別がつかず、やっぱり憧れの運転台でありました。

もちろんEF58も私の中ではスターですが、好みは試験塗装の4号機なのでここはスルーして20系客車の写真です。
Tetsuhaku4

いまさら「こだま型」だの「あさかぜ」など見せられる読者の方々もお気の毒ですが、私にとっては忘れられない国鉄車輌達です。

さて「さかつうギャラリー」として取材しなければならないのはレイアウトです。

メインは2階の「模型鉄道ジオラマ」と呼ばれる横幅約25m奥行き約8mの大型レイアウトで車輌の運転とともに流される解説では「日本最大」とうたっています。
Tetsuhaku6

上の写真は観客席から向かって右側、全体の2/3弱でしょうか。
夜景はこんな具合です。
Tetsuhaku7

正直云って、もう少し何とかならないかなー。
という印象です。

見ていても私はワクワクしません。
ただ、車輌が走り、女性の声がそれを淡々とアナウンスするだけ。

もう少しお金=時間をかけて作って欲しかったと思います。
もちろん「予算が」という声もあるでしょうが博物館の入場料は大人だと1,000円です。
けっして安い訳ではないし、結構入場者も多いと聞いているので日本の看板鉄道博物館としては少々寂しい気がしました。

もう一台エスカレーターで上がった2階の脇にひっそりとありました。
Tetsuhaku8

これでもケースの上に一日3回の運転時間が表記されていました。

気を取り直してラーニングホールの2階にある体験コーナーへ。

このコーナーは主に鉄道の安全設備を模擬体験できるスペースになっていて、小学生低学年でも充分に遊べる設備です。

なるべく子供たちがいない状態で機構を撮ろうと何回か足を運びましたがいつも奇声がにぎやかに響きわたっていて、下の写真はわずかなチャンスを狙ってやっと撮れました。
Tetsuhaku5

上の写真で前の円形エンドレスは閉塞区間の原理を体験できるよう、ブロック分けして3色信号機を沢山つけた設備。

同じ写真の奥はATCの原理を体験できるはずのエンドレスでしたが、子供達は「ATC非常」の赤表示がでようが「チン」という警告音がでようが、ワンハンドスロットルをガン!と引いたまま大騒ぎ。

そのせいか「ATC機能は調整中につき作動しません」 の張り紙が・・・・・

ここまで書いて読み直してみると一部ネガキャンをうっているようで鉄道模型業界にもいらっしゃるであろう関係された方々からお叱りをこうむるような気がしますが、私としては鉄道文化を伝える最新式の博物館が前記した須田町にあった交通博物館に対し、一体何が魅力的になった部分なのだろうかと考えるにつき、もっと腰をすえた企画と予算、それに何よりも鉄道に対する愛情がもっと必要ではなかったのかという印象を強く持ちました。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月29日 (月)

ありがとうございました

年の締めくくりのブログに私事で恐縮ですが、今年は人生第三のスタートといえるものでした。
今までの「さかつう」は後進に道を譲り、私はまた新たなジャンルを作りたいと新しい店「さかつうギャラリー」
をオープンさせました。
オープン後から今日までの半年あまりは30数年前に経験したお客様一人ひとりからスタートする困難さを再び思い出し、
既存の方々の有り難さを再認識しました。

新しい船出となった訳ですが、これが心ある方からは余程頼りなく見えたようで数人の方からは本当にご心配をいただきました・・・
 いえ、というより未だにご心配をおかけしています。
事実、経営としては非常に厳しいものがあり、経理上の観点からいけば廃業しても当たり前のような状況です。
しかし、なぜかじりつくようにして営業しているかといえば、タダ一言「楽しいから。」。

新しい事業は、新しい方々との結びつきを意味します。
苦しい経営は本当の味方をあぶりだしてくれます。

負け惜しみのようの聞こえるかも知れませんが、心のそこから「ありがとうございます。」
といえる方々が身近にいらしたのを気付かせてくれたのはこの船出あってこそです。

新しいお知り合いも増えました。
そのなかでキラリとひかる「一生お付き合いしてゆきたい。」と思える方とも出会えました。

すべてが「新しい船出」をしたおかげです。
健康な方とは少々違う私の身体も案じ、経営をしんぱいしてくださる方々にブログからで失礼ですが、
こんな訳で当人は希望に燃えて毎日が楽しいことをご報告申し上げます。

ありがとうございました。
本当にありがとうございました。

皆様に支えられながら来年も引き続き好きなことができたらと思っています。

最後になりましたが皆様もご健勝で新年をお迎え下さいますようお祈り申し上げます。

さかつうギャラリー
坂本 憲二

追伸:
年末年始の臨時休業は12月31日から1月4日まで、新年は1月5日の月曜日より通常の時間帯で営業いたします。

これも「新しい船出」の成果ですかねー。
今年から取引が始まったプライザー社から数日遅れで届いた”クリスマスプレゼント”です。
Praizercycom

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月30日 (土)

豪雨おみまい

このところ日本全国レベルでゲリラ集中豪雨が各地を襲っています。

「さかつう」は坂本通販の略で30数年前まだ通信販売が信用も何もない、いかがわしい商売くらいに見られていたときにスタートしました。

ですから、日本全国にお客様がいらっしゃいます。

旅をしても「この辺は誰々さんのご住所の近くだ。」などとお名前と、好みが自然と浮かんできます。
もっとも、ここ10年、私は通信販売からも店頭からも離れてしまったので、新しいお客様は申し訳ありませんがほとんどわからず、もっぱら古くからのお客様に限られてしまいますが。

これは、TVや新聞のニュースを見ていても同様で、ついつい記憶に残っている地名だと目がいき心配してしまいます。

集中豪雨の話に戻せば、今回は首都圏にもかなりの被害がでていますが人命が失われるなどの大きな被害は河川が整備されていないと思われる地域からの知らせが多いようです。

このブログをご覧いただいていらっしゃる方々は大丈夫なのでしょうが、皆様のご無事をお祈りしています。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月26日 (火)

「金看板」のつづき

昨日「金看板はもうご覧いただけません。」と書きましたが、早速昨晩製作者の山川さんがおみえになりました。

「ダメですよ! お店で見られないなんて書いちゃ!!」

「す、スミマセン」

「ハイ、もう一個作ってあったので持ってきました。」

「・・・・・・・!」

という訳で本日から「さかつうギャラリー」店頭で酒屋さんの金看板をご覧いただけます。

Masukouandip
愛用のiPhoneの前でパチリ。
このiPhoneを使い始めて一ヶ月以上たちましたが今まで使っていたX01HTよりはるかに使いやすくとても気にっています。
ちなみに、壁紙は「さかつう」の看板ともなっているリトルジャマーのお立ち台、その夜景です。

それにしても何であんなに山川さんにペコペコ謝らなければならないんでしょう?

まっいいか。
頭を下げてでも「金看板」を手にしてしまえばコッチのもの。
時間が経つ内に所有権がうやむやになり、やがては「さかつう」のものに・・・・・・。

話は変わって昨晩はもう一つ嬉しい出来事がありました。

人形の原型をご持参いただいた方がご来店。

詳しくはもう少し煮詰まってからご披露いたしますが、とりあえずこの原型は中国へ送って工場の技量を推し量ってみようと思います。
楽しみがまた一つ増えました。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月25日 (月)

オリンピックと金看板

とうとうオリンピックも昨日で終わりました。

スポーツ音痴で普段はTVもあまり見ない私ですが、オリンピック中は平均で一日2時間程度は見てしまったでしょうか。
最初の感動は水泳の北島選手でしたね。
時折、ユニフォーム左胸の日本国旗を右手でギュッとにぎりしめる真剣な表情と、中央の表彰台に立ち国旗掲揚と同時に流される「君が代」にあわせて小さく口を開いていました。

ソフトボールでも「金」メダルでした。
こちらも「君が代」にあわせて歌っている選手がいました。

別に国粋主義者のつもりはありませんが、やっぱり「一つの旗の下」という大義名分がないと大勢の人間がたとえ一瞬でも喜びも悲しみも共有するというのは難しいしだろうなと感じたし、ジーンと胸に迫るものがありました。

そこへ「金看板」がどう結びつくんだ?

う~ん、するどい突っ込みですね(そうでもないか)。
要は、いずれも看板をしょっている・・・・という訳でして。
ウウ、苦しい。

本題は、先日から当ブログ不定期連載の酒屋さんシリーズの一環として「金看板」が出来ましたのでご披露という訳です。
Maskouad
どうです!これでHOサイズです。なかなかいいでしょ?

何て、自慢しても私が作った訳ではありません。
模型界の縁の下の力持ちクラシック ストーリの山川さんがレーザーカッターを駆使して作ってきてくれました。ありがとうございます。

それにしても今様に言えば「しぶい」ですね。

「さかつう」店頭でご覧ください。
と言いたいところですが、すでに手元にはありません。
気前よく酒屋さんにあげてしまいました。

先のエントリーでご紹介したようにこの店の現ご主人はスーパーカー少年だった頃「さかつう」の常連さんで、大人になってからもしばらくは北区の方にあった弊社の支店「ホビーランド」のお客様でした。
ですから、この「金看板」は喜んでいただけるだろうと(実は模型化に対するワイロでもある訳ですが) 持参した訳です。
もちろん、大喜びしていただけました。

私はと言えばこのチャンスを逃すまじ、とばかり「昔の写真ありますかね。」「図面も・・・」と矢継ぎ早にリクエスト。

大正時代に建ったお店の「図面」なんて無理難題をふっかけるヤクザなみのずうずうしさ。
これがなければ難問山積みの「ジオラマや」なんて出来ませんって。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月12日 (火)

結婚祝い

しばらく前に知人がご結婚されたので、何か心ばかりのお祝いをと思っていましたが、せっかく模型屋なんだから手作りの品を、と写真のディスプレーを作りました。

Wedding
Aさん、おめでとうございます!
末永くお幸せに!

Aさんとのお付き合いは私の30年以上の模型屋歴からすれば非常に短いといえます。
また、年齢的にも私より、私の息子に近いほうですがそれだけに”今”の感覚は教わることの方が多く、Webデザインや今後の広報には大いにお知恵を拝借したいと思っています。
また、大変な働き者で弊社の仕事もプライベートの時間を使ってまで動いてくれ、感謝しています。
今後ともよろしくね。

ということで、模型を作れる人ならジオラマを作るのに比べ、少々の工作で写真のようなチョットした物が作れる、という見本をご覧いただきました。

ベースはWoodlandのガラス製カプセルケース、それに定番のPreiserのWedding、ミニネイチャーの「スズメのかくれんぼ」という難しい商品名の素材を使いました。
あとは、手持ちの赤いフエルトと白めの砂利を固着して完成です。

お祝いに限らず、恋人や奥様に手作りのディスプレーのプレゼントをいかがですか?

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月11日 (金)

ホームページもOpen!しました

ずいぶん時間がかかってしまいましたが、やっとホームページをオープンさせましたのでぜひご覧ください。

ホームページの内容は全面的に更新しているのでリンクも含め「完成です。」と言えるまでにはまだ時間がかかりそうですが、まずは一番問い合わせをいただくオリジナル商品からアップしました。
今後は販売用完成品も含めた商品紹介の充実や、先々は「お買いカご」を使い、カード引き落としまで使えるショッピングページもオープンさせる予定です。

店頭、ホームページ共に沢山のご来店をお待ちしております。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 7日 (月)

さかつうギャラリー Open!

Open
いきなり花屋さんの店先のような写真で恐縮ですが、さかつうギャラリーのオープンに際していただいた「お花」のごくごく一部です。
なんと20もの「お花」を頂戴し、そのほかの「お祝い」も含めると実に沢山の方々からお祝いをいただきました。

ブログ以下には、やはりオープンに間に合うようにと拝借した完成ジオラマの数々、どれも力作ばかり、しかも皆様大切な作品を快く貸し出していただけました。

本当にありがとうございます。
これほど沢山の方々からご支援をいただき、涙がでるほど嬉しく30年間模型界にいてよかった! 心からそう思います。

それでは、7月6日現在展示してある作品の数々をご覧ください。
写真に納まっていないもの、写りの良くない点はご容赦いただき、読者の皆様方は作品を返却しない内に、お早めにお誘い合わせの上、ご来店いただき実物をご覧ください。
Sakuhinn1
右手前ピンクのハートは諸星昭弘氏の作品、大型のセクションは植野浩滋氏の「熊ノ平」、その手前には中央の長尾循氏、両側は藤田幸治氏の作品が二点、本当は「熊ノ平」の向こう側にもう一点長尾循氏の作品があります。

Sakuhinn2
一番左は日テレから限定発売された「夕日町三丁目ジオラマ」です。中央のレイアウトとその脇にある2軒はいずれも池田邦彦氏の作品で販売品でもあります。その向こうのトミカのジオラマはトミーテックより拝借。

Sakuhinn4
右手前の「はだか祭」、バス、オート三輪までは早野幹男氏の作品でその左隣は松本謙一氏の作品です。

Sakuhinn5
左奥はDDFの販売用レイアウト。手前のケーキは諸星昭弘氏の作品であとは全て松本謙一氏の販売用も含む作品です。

Sakuhinn6
左三つは諸星昭弘氏の作品で、奥は上の写真でも写っているDDFのレイアウト。手前はトライアンフを配した 長尾循氏の作品です。

これ以外にも藤田幸治氏の作品で1/43の自動車工場や長尾循氏のMGBがのぞく1/24車庫のジオラマも展示中ですが、7月中旬から徐々に返却しますのでご覧になりたい方はお早めに!!

| コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月 4日 (金)

昔話と新生「さかつう」

タイトルに「新生「さかつう」」と入れてフト思い出しました。
「そう言えば、むかし”しんせい”という安いタバコがあったな・・・。」
フィルターもついていない時代のタバコでした。

本題はもちろんタバコのお話ではありません。
ここ東京/巣鴨の地に模型屋をオープンさせて早30有余年の歳月が流れてしまいました。
家内と、当時まだ元気だった国鉄OBの私の父親が手伝ってくれてのスタートでした。

長い間には、少しは自慢話もありブログなのでお許しいただいて書かせていただきましょう。

まずは、オープン間もなくして導入したコンピューターです。
今から約30年も前のことゆえ、OSはもちろんDOSでドライブはフロッピーのみ、ハードディスクもなく、それでもリースで200万円以上もしたので大活躍させなければ採算がとれる訳はなかったのですが、前職業が銀行のコンピューター関係だったために、これからの主役はコンピューターだ!と信じて疑わなかったため当面の採算は余り考えておりませんでした。

二番目には当時、新橋にあった「アサヒホビー」さんと共に日本における個人商店としてアメリカ型を取り扱った草分けと自負しています。
もちろんそれ以前から銀座/天賞堂さんで沢山扱っており、私も木造時代の天賞堂さんではキャンベルでお世話になっていました。
しかし、弊店ではアサーンなどのプラ製品も扱っていましたが、何といっても中心はブラスモデルで「アメリカ型のサカツウ」をかかげ、日本におけるアメリカ型の普及にお役に立てたのではないかと思っています。

第三にはスロットカーです。
速さ命!のスロットカーにおいて鉄道模型と同じく、実車にできるだけ忠実なスケールモデルを走らせてこそおもしろい!と訴え、エッチングとアルミホイールを組み合わせたワイヤーホイールが最初の製品という異色のメーカーとしてスタートしました。
以降、スロットカーも偶然とは思いますがラジコンもどんどんリアル志向に流れていったのはご承知の通りです。

さて、以前の当ブログでもお知らせしたように「アメリカ型のサカツウ」「スロットカーのサカツウ」で皆様からご支援にいただいた旧さかつうは7月1日をもって平林の株式会社さかつうと岡部の株式会社ヘリテージに業務を全て移管いたしました。

従来の有限会社さかつうはまた新たな市場を開拓すべく「情景」の専門店として旧店舗の隣り、旧ルート66跡にオープンいたしました。

Rimg0016
例によって「無謀!」と同業者では悲観的な見方をする方が多い中、はたしてパソコン、アメリカ型、リアル・スロットカーのように認知されるような、あるいは経営してゆけるような市場を気付けるや否や。

ご支援のほどよろしくお願い申し上げます。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月26日 (土)

「さかつう」とルート66とアストン

「さかつう」リリース最後の特製品のご案内と、ルート66の閉店という残念なお知らせです。

まずは新発売のアストンマーチンDB4GT ザガートですが、もちろん1/32スロットカーです。

Dsc_104s

ベースキットはレジン製のプロトを使用し、シャーシは今までの弊社特製品と同様にカートリックスのユニバーサル・シャーシを使用しています。

プロトタイプはザガートがDB4GTをベースに美しいアルミ製の軽量ボディーを載せ、圧縮比を9.7まで上げ314馬力を得たGTスポーツカーです。

1960年代初期のGTカーといえばフェラーリの250シリーズが最も有名ですし、ピニンファリーナのデザインはもちろん私も大好きです。しかし、このザガート・ボディーは美しさにプラスした力強さを兼ね備えていると思うのです。

モデルは1962年のワールドチャンピオンシップ 11戦 グッドウッドでなんとジム・クラークがドライブしたマシンです。

残念ながら完走はできなかったようですが、古い時代のアストンでは時折みかける草色のメタリックは黒地に白文字といった通常とは逆の色使いの車番とも充分にマッチしています。

実車は19台が製造されましたが、「さかつう」ではそれよりさらに少ない8台をクリヤー・コートも美しく完成車として仕上げました。

販売ルートは例によって、ルート66のほか、Yahooショッピングでも販売するので短期間の内に完売が予想されます。

ご希望のむきはお早めに・・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

文章が長くなって恐縮ですが、ルート66は本年の3月頃に閉店の予定です。

突然のお知らせですが4年半以上に渡り、ご支援いただいた皆々様には誠にお詫びのしようもありません。

状況は、私の高齢(昨年60歳)と健康上の理由から現有限会社さかつうを分割し、鉄道部門を新たな株式会社さかつう(代表取締役 平林智)が、自動車部門を以前より1/32スロットカーの販売に携わっていた 岡部敏明 が昨年興した株式会社ヘリテージが引き継ぎます。

Yahooショッピングも車部門なので同じくヘリテージが引き継ぎ、責任者は変わらず 植村なぎさ ですので、いずれの部門とも今後ともかわらずご愛顧くださいますようお願い申し上げます。

ルート66はこの「さかつう」分割のなかからでた結果で、私(坂本)個人としてもスロットカーの集大成としてオープンさせた店だっただけに閉店は非常に残念なのですが、後を引き継ぐヘリテージが時機到来とみた折、再び同じ店名でオープン(ルート662004年に「さかつう」が商標登録しています)してくれることを祈ってやみません。

私はこれで30数年携わった鉄道模型、自動車模型界を去るわけですが、DB4GT ザガートはその最後のオリジナル商品となりました。

この最後の製品が、模型製作を楽しみとして模型店を開店させた私自身の作品でないことは大きな心残りではあります。

Dsc_1047

私の今後といえば、ルート66だった店舗を改装、5月1日頃をめどにジオラマ(情景、ドールハウス)専門店をオープンさせます。

前記しましたように、私自身あまり無理をできる状況ではないので、大きな規模ではできませんが30数年前の創業当時の初心に戻り、世界中から気に入った素材を集め、まだまだ知られていないたくさんの製品を日本にご紹介できたらと思っています。

このブログは今回をもって閉鎖いたします。

長い間お付き合いくださり、ありがとうございました。

「さかつう」「ルート66」のスタッフ全員になりかわり、心より厚く御礼申し上げます。

有限会社さかつう 代表 坂本憲二

| コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

日記・コラム・つぶやき | 模型のお話